本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

国立初!? パパママからKIDSへ感動のメダル授与も! RUNNETリレーカーニバル開催

2024年6月05日


仲間と楽しむリレーの祭典「RUNNETリレーカーニバル」が6月2日(日)、東京・国立競技場(東京都新宿区)で開催されました。
国立競技場の特設コースを周回するメイン種目の4時間リレーには418チーム2,983人、2時間リレーには306チーム1,760人が参加。それぞれ家族や友人でチームを組む「一般対抗」、職場の仲間チームの「企業対抗」、ふたつのカテゴリーでタスキを繋ぎ、時間内の走行距離を競いました。



新しい挑戦企画として実施されたのが、キッズフルマラソン。大会前の10週間で思い思いに累計40kmを走ってきた、未就学児から中学生までの子どもたち127人がこの日、2.195kmを駆け抜けてフルマラソン完走を目指しました。

この種目のハイライトは、合計距離でフルマラソン完走を達成した子どもたちをお父さん、お母さんや家族が一人ひとり直接出迎える、国立競技場でも初めてとなる?祝福の演出です。
フィナーレとなる大舞台を懸命に走る子どもたち。その雄姿に、それまで40kmという距離を積み上げてきた日々を重ね合わせ万感胸に迫る様子のお父さん、お母さん。
「やったね~」「がんばった、がんばった」。心から湧き上がる祝福の言葉。挑戦を見守ってくれた家族からメダルを架けられた小さな完走者たちは皆一様に誇らしげな表情でした。中には名状しがたい感情極まって涙が止まらないお母さんも。

この体験が未来のトップアスリートを育んでくれるかも。そんな期待すら抱かせる感動の一幕となりました。



このイベントは、1カ月間の走行距離と歩行距離を競うオンラインイベント「さつきラン&ウォーク」を締めくくる大会として開催されました。

4時間リレー:412チーム(2,983人)
2時間リレー:306チーム(1,760人)
キッズフルマラソン:127人
ファミリーラン:397人



ランナーズ9月号 7月22日発売!


レース出場は最高のトレーニング

今やお馴染みとなった「レースをトレーニングとして活用する」川内優輝選手の走力アップ法。
現在発売中のランナーズ9月号では、特集「レース出場は最高のトレーニング」内で、川内選手自身がこのトレーニング法について詳しく解説しています。


新理論!?「ランニングフォームは腕振りで改善できる」

フルマラソンがないこの時期はじっくり自身の走りを見直すチャンス。
本誌おなじみの中田崇志コーチが推奨するのは「腕振り」を改善して効率のいいランニングフォームを身につけること。毎回走る前に1分程度のエクササイズを行うことで、早ければ2週間で効果が表れるという「中田流腕振り論」をご紹介します。

気温32℃で完走率58.8%
ベテラン完走者実践の「アンチエイジング法」

6月30日に開催されたサロマ湖100kmウルトラマラソン。10回以上完走し続ける「サロマンブルー」の称号を持つランナーたちに、「100kmを完走し続ける秘訣」「アンチエイジング法」を語っていただきました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ