本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

安曇野ハーフ6回目優勝の牛山さんが語る「大切なのは日々のジョギングと、スパイスになる1000m×3本」

2024年6月03日

田畑の間を走るランナーたち

田畑の間を走るランナーたち


6月2日、長野県安曇野市で第10回記念信州安曇野ハーフマラソンが開催されました。
田畑やアルプスの山々といった風景を見ながら走れること、地元の方々の熱心な応援が特徴の大会で、第24回全国ランニング大会100撰に選出されています。

今年はハーフの部に5083人が出走。レースの途中から「大会史上初の雨」となりましたが、それでも沿道には地元の方々が多く姿を見せ、笑顔で声援を送ってくれました。
男子では同県茅野市の牛山純一さん(40歳)が、1時間7分40秒で6度目の優勝。「節目の大会でいい成績を残せてよかった。地元の一体感が感じられるのが好きなところです。ゴール後にもらえる手作りのおにぎりもおいしい」と語りました。

また、ハーフマラソンに向けたトレーニングについて聞くと、「1500m~フルマラソンまで、どんなレースでも1000m×3本という練習を行っています。レースの距離によって、同じ1000m×3本でも呼吸を追い込んだり動きを確認したりと、その時ごとに目的を持って行います。ただし、日々の練習の8~9割はジョギングなので、トレーニングのメインはジョギングだと思っています。そのため、1000m×3本はジョギングの内容をよくするためのスパイスです」と話していました。


6回目の優勝を果たした牛山さん

6回目の優勝を果たした牛山さん



ランナーズ9月号 7月22日発売!


レース出場は最高のトレーニング

今やお馴染みとなった「レースをトレーニングとして活用する」川内優輝選手の走力アップ法。
現在発売中のランナーズ9月号では、特集「レース出場は最高のトレーニング」内で、川内選手自身がこのトレーニング法について詳しく解説しています。


新理論!?「ランニングフォームは腕振りで改善できる」

フルマラソンがないこの時期はじっくり自身の走りを見直すチャンス。
本誌おなじみの中田崇志コーチが推奨するのは「腕振り」を改善して効率のいいランニングフォームを身につけること。毎回走る前に1分程度のエクササイズを行うことで、早ければ2週間で効果が表れるという「中田流腕振り論」をご紹介します。

気温32℃で完走率58.8%
ベテラン完走者実践の「アンチエイジング法」

6月30日に開催されたサロマ湖100kmウルトラマラソン。10回以上完走し続ける「サロマンブルー」の称号を持つランナーたちに、「100kmを完走し続ける秘訣」「アンチエイジング法」を語っていただきました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ